おすすめリンク

スノボツアーで恋をしよう

スノボツアーには出会いの場面が沢山です。素敵なパートナーを探したいあなたにおすすめです。

サイズに合う板を見つけよう

スノーボードを子供のころから始めることで、才能を伸ばすことができます。
そのためには、道具を揃えなければいけません。
板を選ぶ際は、サイズに気をつけてください。
子供にピッタリのサイズでないと、うまく滑ることはできません。
子供の身長に合わせて選択することがポイントです。
サイズが合わない板を無理に使うと、ケガにも繋がるので大変危険です。
素材は、ウッド素材がおすすめです。

転んでもケガをしないよう、ヘルメットを用意してください。
スノーボードを失敗する斜面を、転がり落ちてしまうかもしれません。
ヘルメットを被っていれば頭を守れるので、大きな事故を回避できます。
こちらもサイズが重要なので、実際に被って選択するのが良いですね。
フリースタイルモデルが、子供にはおすすめです。
通気性の良いヘルメットもあり、種類がたくさんあります。
デザインも気にして、選択してください。

スキーウェアやブーツは、普段のサイズより少し大きめを選択すると良いでしょう。
雪山は寒いので、スキーウェアの中に何枚もインナーを着るかもしれません。
すると普段のサイズでスキーウェアを選択すると、きついと感じてしまいます。
雪山で吹雪いても存在がわかるように、派手な色を選択するのがおすすめです。
蛍光ピンクやイエローなら、遠くにいたり吹雪いている状態でもすぐにわかるので安全性が高いです。
一見派手ですが、雪山ではそのぐらいがちょうど良いと言われています。

幼い頃からスノーボードを開始する

スノーボードにも、たくさんの種類があります。 子供に合うものを選択することで、技術が上達しますし事故を回避できます。 また素材にも注目してください。 スノーボードに使われる素材はプラスチックや、ウッド素材があります。 どちらが良いのか見極めましょう。

ヘルメットを絶対装着する

颯爽と雪山を滑る姿がかっこいいので、子供は興味を持つかもしれません。 挑戦させるのは良いですが、危険と隣り合わせのスポーツだと忘れないでください。 転んだ時に頭を守れるよう、ヘルメットを用意しましょう。 どんなヘルメットを選べば安全性が増すのか知ってください。

目立つ色を選択しよう

ウェアやブーツも用意しなければいけませんが、色に注目してください。 地味な色では、吹雪いている時に目立たないので危険です。 雪山はすぐに吹雪いて周囲が見えなくなります。 そんな状態でも子供がどこにいるかわかるよう、派手なウェアやブーツがおすすめです。